キャリア!-進学就職情報メディア-

-進学就職情報メディア-

学歴が低い?学歴を重視しない会社に入ろう

学歴を重視しない会社、1位はエービーシー・マート。靴の小売専門店「ABCマート」を展開する成長企業だ (撮影:今井康一)

就職活動では、残念ながら人物本位ではなく、「学歴」が左右するケースが多い。

表向きには「学校によって差をつけてない」といっていても、会社説明会の案内や選考などで、特定の学校のみを優遇する”学歴フィルター”や、学校名を絞って採用活動をする”ターゲット校”を指定する企業がまだまだ多いのも、現状だ。

口コミ評価で「学歴を重視しない会社」を抽出

10月6日の配信記事では、「『入社するのが難しい有名企業』トップ200社」を取り上げ、比較的難易度の高い学校ばかりから採用する企業を紹介した。「いい人を採用したら、高学歴の学生ばかりだった」という面もあるかもしれないが、有名企業ほど、学歴を意識する傾向が強いようだ。

では、逆に、「学歴を重視していない会社」がどれだけあるのだろうか。採用実績をみて、多様な大学から採用している学校を探し出す、という手もある。だが今回は、社員の口コミから、学歴の重視度を見ることにした。それが「学歴を重視しない会社」ランキングだ。

エン・ジャパンが運営する口コミサイト「カイシャの評判」には、その企業に在籍する正社員や派遣社員など、会社で勤務するスタッフ、また在籍したことのある元社員たちが多くのコメントを寄せている。

同時に、会社の雰囲気などを聞くアンケートも実施しており、アンケートの中には「学歴が重視されますか?」という設問項目が入っている。「はい」と答えた人の割合をポイント化して、その割合が低い順に並べ、イコール「学歴を重視していない会社」としてまとめたのが、今回のランキングである。

ランキングは、カイシャの評判の掲載企業のうち、口コミ件数が累積120件以上で、アンケートへの回答者が30人以上の企業を対象にしている。ただ、今回、比較的学歴が重視されない非正社員の評価も含めると、正確な実態がつかみにくいと考え、対象をすべて正社員のみに絞った。評価の対象期間は、サイトが誕生した2012年からで、対象企業は304社、平均値は24.9%となっている。その中から、15ポイント以下の116社を掲載した。

1位は4社あり、ポイントは「ゼロ」。つまり回答者全員が「学歴が重視されますか」に、「はい」と答えなかったことになる。

1位はセラク。ITインフラの構築やメンテナンスを主に手掛けている会社。昨年株式公開を果たした上場企業だ。エンジニアの社内育成に力を注いでいる。

「お客様先に常駐し、インフラ環境の設計・構築をしています。会社が大きくなったこともあり、未経験でも大規模な案件を担当できます」(20代男性/現正社員/IT系エンジニア)、「エンジニアとしての基本資格を取得するまで、実機を使用しての研修を行ってくれる。 また、つねに先輩エンジニアや上司がおり、相談などもしやすい。本人があきらめない限り、必ず誰かが手助けをしてくれる。ただし当然人任せではだめ。主体性は必要」(30代男性/元正社員/IT系エンジニア)というように、入社してからのがんばりを評価しているようだ。

完全実力主義、若くして店長も可能

同じく1位のエービーシー・マート。言わずと知れた靴の小売専門店「ABCマート」を展開する成長企業だ。「若くてもやる気があれば、早くから昇格できる。任せられる仕事も増やせば、店長になることも難しくない。商売人としての基本を学ぶことや高い販売力を養うことができる」(30代男性/現正社員/販売・サービス系)というように、やる気が重視されているようである。

家具の販売店大手である大塚家具も同率1位だ。入ってからしっかりと人を育てる方針のようで、「新入社員や研修のサポートがしっかりされている」(20代女性/現正社員/販売・サービス系)といった声が多く挙がっていた。

そして4社並んだもうひとつの1位が、住宅のリフォームや増改築を全国展開しているナカヤマである。「年功序列ではなく、完全実力主義の会社」(30代男性/ 元正社員/営業系)という。

5位はドン・キホーテ。6位には新生ホームサービス、ベルパーク、ユニマットライフサニックスレッドバロンなど5社が並んだ。ランキングに顔を出す企業は、小売や飲食、サービス、物流、IT企業などが多い。

コメントでもわかるように、いずれも会社に入ってからの充実した指導・研修体制があり、「実力」「成果」が求められている会社が多い。なかにはハードワークな会社もあるかもしれないが、学歴に左右されないということは正当な評価をしている会社だ、という見方もできるだろう。

これが社員がみた「学歴を重視しない会社」だ | 就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準