タチバナ進学就職塾

-進学就職情報メディア-

「第二新卒」で転職したい人に厳しい現実リベンジ就職は難しいです

第二新卒」とは?

 明確な定義はありませんが「新卒で入社して3年未満の求職者」という意味あいで定着がすすんでいます。4年制大学卒業から考えると25~26歳ぐらいで転職活動をしている求職者のことです。

 

現在は第二新卒向けの企業の求人も増えて、新たな転職市場が形成されたともいえますが、今後も続くのか。あるいは、一時的なものなのかまだ、定かではありません。第二新卒の転職動向について、今回はご紹介します。

中小企業には第二新卒は必要な存在

まずは求人の現状ですが、第二新卒の採用に熱心な企業が増えています。目的は、新卒採用で採用予定数に達しなかった分や、新卒で採用した人材の退職者を補うこと。

つまり、人を採用できない中小企業がメインになります。

もはや新卒採用の求人難は慢性的な状況となりつつあり、採用予定の人数を確保するのは至難の業となっています。

加えて、苦労して採用した人材が入社1年以内に1割以上、3年以内に3割以上が退職してしまうのが現状で常に人手不足で悩まされています。

企業が若手人材を確保するため、新卒採用に続く手段を何とか探したい状況であり、その点、第二新卒は大事な存在ともいえます。

採用方法は人物評価や社風に合うか合わないか? 

採用方法は人物評価や社風に合うか合わないか?など、新卒対象とほぼ同様の点を重視する企業が多くなっています。4割は新卒と同じ審査内容で振り分けているようです。

入社後は新卒同期と同じ人事キャリアで取り扱われるケースも多く、うまく活用できれば学生時代の就職活動のやり直しができます。

第二新卒での転職は簡単ではない

その理由として考えられることは大きく2つ。

1つめは第二新卒を積極的に採用している会社がまだ限られていること。

もし新卒で十分採用しきれなかった場合の最終手段としてとらえており、よほど足りないということにならないと、採用しようという決断に至らない企業はまだたくさんあります。

2つめとして第二新卒を活用するのは新興系の企業が中心となっていること。

リベンジ対象にしたい大企業、有名企業は第二新卒を募集しておらず、応募できないというケースが多々あります。

このように第二新卒での転職は簡単ではありません。ならば、どうしたらいいのか? リベンジとは過去ではなく未来志向で考えるべきなのかもしれません。

 neoキャリアが割と良いです

 

neoキャリアは新卒から第二新卒、高卒、中卒まで幅広く支援しており、就職エージェントとしてはかなり大手です。私も新卒時代に利用したことがあります。

彼らもビジネスですから、とりあえず企業にねじ込もうとします。

しかし、良い企業は少なく、オススメされたからと言って受けますというのはやめましょう。説明会や選考に勝手に応募されてしまうことがあります。

 現在フリーターの方や非正規の方であれば、高望みはできませんが、それでもブラック企業に入るのだけは無駄です。選べる立場ではありませんが、しっかりと企業は選びましょう。

私の実体験上、メーカーに関しては割とまともな企業の求人があり、限定求人だったりすることもあるため、ねらい目です。ただし、エージェント経由の内定辞退はぐちぐちと詰られる可能性が高いです。それは彼らのビジネスモデルとして、採用が決定したら何十万円という報酬が得られるからです。

そのため、利用者は無料で使えるのです。エージェントはうまく利用しましょう。利用されることなく、利用するのです。エージェント経由のほうが日程の調整や各種の連絡を代行してもらえ、面接の練習もできます。

ESの書き方も教えてもらえるでしょう。

ある程度、経験値を貯めたら、エージェントが持っていない企業への応募も考えましょう。エージェント利用の会社は人が集まらなくて困っている会社です。

エージェントに頼まなくとも、人が集まる会社は自社のHPで採用応募をしていることが多いため、良い会社を見つけ次第、その会社のHPへ行きましょう。

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo