タチバナ進学就職塾

-進学就職情報メディア-

私立文系志望の大学受験で推薦を使わない人は馬鹿ですよ

煽るようなタイトルをつけましたが、事実です。

あなたが推薦を取れるような優等生であった場合は絶対に推薦を受けるべきです。

その理由を解説します。

推薦はリスクがない

指定校推薦の場合絶対に受かります。

受験で避けられないのが運です。

しかし、指定校推薦の場合。校内選考を通過した時点でその大学に入った同然なのです。

この校内選考に関しては貴方はなんの試験も受けません。日々の生活態度や内申点でのみ決まります。

試験というものは少なからず当日の体調や出題問題によって点数が左右します。

その少しの差でも合格か不合格かが決まるのです。

そのリスクを考えれば確実に入学できる推薦入試がいかに優れているかわかると思います。

絶対に受かりたいのになぜ推薦を受けないのか

絶対に入りたい大学があれば手段を選ばずありとあらゆる入試を受けるはずです。

推薦入試も同じです。貴方のチャレンジ分が増えるのです。

良い大学に入りたいのは他の人も同じです。全員良い大学に入るためにありとあらゆる手段を使って合格を勝ち取ろうとします。

そんな中で推薦を使わない人などいません。

推薦を受けない時点で貴方はその大学が第一志望ではない。入りたくないのだと思われるのです。

推薦を受けないと言うことは推薦を受けられない人物であるとみなされるのです。

実際推薦を受けられる人はほぼ例外なく推薦を受けます。

推薦を受けない人ははっきり言って推薦を受けられない人しかいないのです。

(国公立は推薦枠が少ない、若しくは無い場合がある)

推薦を受けるのにも内申点が必要ですから、その学校で上位にいなければなりません。

その点、中途半端な学業成績だとレベルの低い高校に行き、学内で上位の成績をキープして指定校推薦でそこそこな大学に入るのが最も楽で確実で安定した選択と言えます。

入ってからの差別など存在しない

試験に失敗してコンプレックスを抱えている人しか入試形態を気にしていません。

また、過ぎたことをいつまでも引きずるような人はマイナス思考が染み付き、就職活動でも失敗する傾向にあります。

そんな人と関わっている時点で危険だと言えます。

そもそも学歴なんてあんまり関係ない

私立文系であれば、明確にやりたい学問も入りたい大学もないはずです。

どうしても学問にこだわるのであれば転部すれば良いだけの話です。

過ぎたことはもう戻りませんし、そもそも学歴で明確に限られることは稀です。

早稲田を目指していてニッコマにしか受からないということでは、元から能力に合わない無謀な挑戦をしていたに過ぎません。

MARCHを目指してニッコマにしか受からなかった場合はそこまで落ち込む必要はありません。

MARCHに引っかからない時点でMARCHの中位層が行ける企業にはまずは入れません。

結局、どの大学に入ろうが同じ結果になっている可能性が高いのです。

 

志望校に行けたという成功体験と滑り止めにしか行けなかった劣等感により、今後の人生が大きく変わってしまうのです。

決して学歴が原因ではありません。

大学に入ってから貴方が何をしてきたのかそれが就職活動の成否を分けるのです。

学歴は良い会社に入れる可能性を少しでも高くするもの

学歴が絶対ではありません。

あまりにも近視眼的に物事を見過ぎていませんか?

多くの人の目的は良い大学に入ることではなく、良い会社に入り、良い仕事に就くために努力して勉強しているのです。

つまり、受験に失敗しても就職で成功すれば目的は達成されるのです。

良い大学に入るのは手段に過ぎません。目的は良い仕事に就くことです。

そこをもう一度認識してください。

学歴で人生は決まりません。

しかし、就職で大凡の人生は決まります。

この差は非常に大きいです。

受験の失敗など人生で見ればノーダメージなのです。

大事なのは就職です。

大学受験で腐っている暇などありません。大学4年間はあっという間に終わります。

4年生は就職活動なので、実質的に残されている時間は3年しかないのです。

しっかりと就職を意識して、日々の生活をより良いものにしていきましょう。