タチバナ進学就職塾

-進学就職情報メディア-

どうして転勤があるのか?その理由は納得感

どうして転勤があるの?

どうして転勤と言う制度があるのでしょうか?

この転勤と言う制度には具体的で明確な目的と言うものは定められてはいません。

転勤制度に関しては会社によって違うと思いますが、多くの会社で採用されているものになります。

特に大企業であればその傾向は顕著でしょう。

皆さんの中にも転勤を絶対にしたくないと言う方もいるかもしれませんが、1つ言える事は管理職になる。

つまり、偉い人になっていくためには転勤は必要なものになってくれてことです。

その理由として、組織を引っ張っていく人材になっていかなければなりませんので、多くの異なる人々と共に仕事をして、人望を集める必要があるからです。

地方の様々なお客様と出会い、地方の従業員との触れ合い、様々な部署を見て回ることでしょう。

そうなった場合に会社全体で一つの目標達成のため動いていくときには各部門を統括しなければなりません。

当然割に合わないようなことをしなければならない部署もあると思いますし、きつい仕事になってしまう人もいるでしょう。

そういった中で経営企画のような現場を知らず苦労も知らないような指揮だけをしている方々に対して、従業員の方々は批判的な目で見ることでしょう。

どうして何も知らないのに、そんなことを決めるんだろうと嫌になることもあると思いますし、反発して辞めてしまうことも多いです。

そのような中で様々な場所に転勤をして、現場も見て、営業もやって、共に仕事をしてきた人は各部門での信用があるはずです。

そういう人であれば各部門としても納得して仕事をすることができ、会社全体として良い方向に成長していける可能性が高くなるのです。

転勤したい人なんていない

正直に言って転勤をしたい人というのはほぼいないのではないでしょうか?

私自身は訳あって、転勤したかったですけどね。

その理由は家が駅から遠く非常に通勤するにしても、生活するにしても不便だったからです。転勤がある会社であれば、住宅手当は間違いなく出ますし、転勤にかかる費用も負担してくれる場合が多いですので、その方が私にとってはありがたかったですよね。

しかしながら、実家が都会にあるとか、親の介護の問題とか、地主であるなどといった方々は実家から離れたくないと言う思いが強いでしょう。

それを否定するわけではありませんし、家族や友達がいる地元で暮らしていきたいと言う気持ちもわかりますが、本当に社会を良くしそして会社を良くしていきたいそんな思いがある人はやはり転勤と言うものは避けては通れない道だと思います。

私としてはドンドンと手を挙げて率先して転勤するぐらいの気持ちを持ってほしいのですが、それでも自分の生活人生を決めたいと言う人には向かないかもしれません。

ずっと変わらない人間関係なんてありえません

いろいろな生き方があります。長い人生小中高で一緒だった友達とずっと一緒にいるんですか?それはほぼあり得ないと思います。

相手にも事情がありますし、いつかは必ず離れ離れになります。

 

ずっと一緒って事はまずないと思っていいと思います。

仲の良い友達でも40年後には友達がわかりません。

人間関係と言うものはその都度構築していく必要があるのです。

今の人間関係にとらわれず、どこへ行っても適応できるような魅力のある人間になっていけるようにした方がおそらく人生の幸福度と言うものは高いと思いでしょう。

 

確かに、住み慣れた街を離れるのは寂しいですが、それと同時に新しい場所で新しい出会いが待っているかもしれません。

転換というのも意外に悪くないかもしれませんよ。

結婚を考えるのであれば転勤は難しいかも

転勤と言うことで、確かに結婚をする家庭を持つという点を考えるのであれば、非常にデメリットにはなって思いますが、それでも今は独身でもあまり変な目で見られることもありませんし、世間体を気にして結婚すると言う事はほんとに不幸なことだと思います。

私の周りでも本当は結婚したくないんだけど、なとか家庭を持ちたくない人も実はいるのです。

誰しもが結婚したいと言うわけでもありませんし、家庭を持ちたいと言うわけでもないので、こういったことを持っている人は1人ではない自分1人じゃないんだってことをわかってほしいです。

あなたの人生はあなたが決めること。

そしてあなたの幸せはあなたが掴み取るしかないのです。

自分のとって何が大事で何が必要なのか、何を捨てることができないのか、しっかりと考えて仕事を選びましょう。

人生は選択の力です何か得るには何かを捨てなければなりません。

非常に苦しく辛い選択になります。

大学進学の時のような簡単な選択ではありません。

非常に苦しいと思いますが、何か辛いことがあればこちらのコメント欄に投稿してもらえれば相談に応じますのでぜひ活用してもらえれば幸いです